ぎおんについて真面目に考えるのは時間の無駄

はじめに誰かが線を引いた。やがて、それがぎおんになった。